LIFE TECH

【MacBook】画面汚れを安易に拭くと大失敗!アルコール除菌シート禁止!正しいお手入れ方法

MacBookのRetinaディスプレイは非常に綺麗ですが、汚れたからといって安易に拭いてしまうと後悔することになるので要注意です。

なぜなら、MacBook AirやMacBook ProのRetinaディスプレイには反射防止コーティングが施されています。

このコーティングが剥がれてしまうと、見るも無惨な姿になります。

結論、少しの汚れがあっても安易に拭かないことです。もし指紋や油脂で汚れて気になる場合は、メガネ拭きのようなクロスで軽く拭きましょう。

 

ディスプレイ清掃時に使用禁止のもの

メモ

* ティッシュ
* 家庭用洗剤
* ガラスクリーナー
* スプレー式の液体クリーナー
* 溶剤(アルコール、シンナーなど)
* アンモニア
* 研磨剤
* 過酸化水素を含む洗剤
* アセトン含有の洗剤

 

特に気をつけて欲しいのは、家電量販店やパソコンショップで販売されている「液晶画面クリーナー」は使用をしないこと。液晶画面用として販売されているので安心して使ってしまいそうです。しかし、汚れを落としやすくするために少量のアルコールが含まれている製品があります。

では次に、正しいお手入れ方法をご紹介します。

 

正しいお手入れ方法

手順

メモ

1. 電源を切り電源アダプタを外す
2. 糸くずの出ない柔らかい布で拭く(汚れがひどいときは、布を水に湿らせておく)

用意するクロスですが、市販のディスプレイ用のクロスや柔らかいものです。

汚れがひどくて水拭きするならば、水拭き用と乾拭き用の2枚あるといいです。

そして拭き方。ここで大事なのは、軽く撫でるように拭くことです。

埃がひどいときは、拭く前にエアダスターなどで吹き飛ばすようにしましょう。埃がある状態で拭いてしまうと画面を傷つけてしまいます。

注意点

メモ

1. キーボードの隙間やコネクタなどに水分が入らないようにする
2. 直接液体を吹きかけない
3. スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わない

コロナ禍でアルコール除菌を日頃から行う方も増えたと思います。
もちろん除菌シートで画面を拭いたらダメです。

Apple公式にお手入れ方法が紹介されています。

Apple 製品のお手入れ方法

※引用

Apple 製品のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?

70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ (Clorox Disinfecting Wipes) を使い、Apple 製品の通気性のない硬い表面、たとえばディスプレイやキーボードなどの外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤 (ブリーチ) は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中に Apple 製品を浸さないでください。布製や革製の表面には使わないでください。

 

私がやってしまった失敗

画面についた皮脂を取ろうと布で拭いたところ、それが広がっていってしまいました。拭けば拭くほど汚れは広がっていき、画面全体が汚れていきました。

仕方ないと、液晶用のクリーナーで拭いたものの解消されず。(ダメな例です)

そこで調べたらコーティングの存在を知りました。後悔先に立たず。クリーナーにはアルコール成分は入っていないようですが、界面活性剤が多少含まれているようでした。やってしまった。(やってはいけません。)

あまり拭きすぎると画面を傷つける原因になるので嫌でしたが、拭いても拭いても曇りが取れない。

最終的には、乾いたクロスで優しく撫でるように拭いてあげると綺麗に落ち着いて一安心。力を入れすぎていたのも原因と思われます。

まとめ

・液晶クリーナーは使用しない
・多少の汚れであれば、メガネ拭きのようなクロスで拭く
・優しく撫でるように拭く

-LIFE, TECH
-, ,

Copyright© すでに起こった未来ってどこだ? , 2021 All Rights Reserved.